お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

平日:8時〜22時/土:10時〜21時/日祝:9時〜20時

Blog

会社関係

技能実習生制度と特定技能就労

 

産業人口の減少や生産人口の減少に伴い、日本の産業は分野を問わず人手不足に悩んでいる。人手不足を理由に廃業せざるを得ない中小企業も出てきている。日本は移民を原則として認めず難民の受け入れ先もG7の国の中で特筆して低い。従来日本に在留が認められる外国人は大変限られておりまたその在留の期間も日本人の配偶者や一部の職種の人を除いては短い期間にとどまっていた。技能実習生制度が以前から制度内容の改定を重ねてきたがもともとは発展途上国に日本の技術を移転する目的の研修とされ、研修生に支給される費用は研修手当の名目で日本の賃金水準に比べ低いものであった。その後の改正で現在は労働基準法等が適用されている。しかし在留可能期間は未だ最大でも5年であり配偶者同伴を認めないなど日本に根付いて日本で消費をすると言う環境にはなっておらず人口増加にはなっていない。人手不足は技能実習生では到底補えないことが明らかとなり深刻化したしてきたため、政府は法改正を行って今年の41日から在留資格の拡大を図った。その職種もさらに今後拡大されていくことが予想される。