お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

平日:8時〜22時/土:10時〜21時/日祝:9時〜20時

契約一般

契約書の作成・審査

契約書の作成・審査

契約書の作成・審査は、企業法務の予防法務の中で最重要の位置づけとなっているといっても過言ではありません。企業が事業活動として取引相手と取引をする場合、契約書を交わすことは不可避なものです。この契約書を交わさない、もしくは、いい加減な契約書を交わした場合、万が一紛争に発展した場合に予想外の損害を被ることになります。

中小企業の中にはネットで公開している各種契約のひな形を流用して契約書を作成するところも少なくありません。しかし、当該ひな形は当該契約の内容、これに附随する事情すべてを法的に分析して反映しているものではないことから、そのひな形が貴社の意図するリスク対応すべてをしているというわけではありません。

当事務所では、

契約の性質

売買型、賃貸借型、請負型、その他秘密保持契約等の特殊契約、その性質により注意すべき事項は変わります。

契約の位置づけ

重要なスポット取引なのか、ルーチン取引なのか、その位置づけよりリスクヘッジの程度も変わります。

相手方との関係

元請下請の関係、親子関係、対等関係等相手方との関係次第でどこまでこちらの要求をとおせるか異なります。

 など、当該契約の個別的事情を把握・分析した上で、同種の業界や同種の契約でどのような紛争が実際に起きたかなど過去の事例を参照しつつ、様々な視点から依頼者様の担当者との綿密なコミュニケーションをとり、その個別契約における最適の契約書を作成いたします。

契約書を作成したとしても相手方がその契約内容に納得しなければ契約は成立しません。当事務所は、交渉に関する助言・サポートも行っております。いかに自社に有利な着地点にもっていくかの交渉は非常に困難なものとなります。当事務所においても、様々な同種の案件の交渉経験を踏まえて、依頼者様と綿密に連絡をとって都度依頼者様と協議を行い、相手方との交渉結果を反映させた最終案としての契約書が依頼者様のご納得いくものとなるように全力で交渉の助言・サポートをさせていただきます。